ゴルフクラブ選びサポートサイト
日本最大級ゴルフクラブ3,000点以上の品揃え

合計15,000円以上送料無料 / 最長15時まで毎日即日出荷。最短翌日到着

※一部商品・一部地域を除く。即日出荷は営業日のみ対応

本店からの注文が
最速最安

  • お問い合わせ

    お問い合わせ お問い合わせ

  • ゴルフクラブ選びサポートサイト
メニュー
  1. ホーム
  2. 用語辞典
  3. お悩み別
  4. スライスがでやすい

スライスにお悩みのゴルファーへ

なぜスライスがでてしまうのか?

初心者をはじめ、ゴルファーのもっとも多い悩みが右へ曲がってしまうスライスです。

何十年もゴルフをやっていてもスライスを打ち続ける人もいます。

スライスがでる一番の原因としてはボールをインパクトする瞬間に

クラブフェースが右を向いていることで発生します。つまりはクラブの振り遅れです。

クラブが長くなればなるほど曲がり幅を大きくなってしまいます。

スライス時のフェース

アドレスでボールにフェースをまっすぐに合わせて構えてそのままの向きにクラブのフェースが

戻ってくればボールはまっすぐ飛ぶのですが、スライスしてしまうゴルファーのクラブフェースは

インパクトの瞬間に右を向いて当たってしまい左肩の開きが早くフェースが遅れてきてしまう為、

結果外からクラブも入りやすくなりカット軌道になりスライスとなることが多いようです。

改善するには?

症状を改善をする為の道具選びの参考としては、

インパクトに瞬間にクラブヘッドが 右を向いてることで発生しますので

もともと左を向いているいわゆるフックフェースや

グースネックのものを使用したり、

振り遅れ、ヘッドを返りやすくする為にヘッドのヒール側に 鉛をはったり、

先調子のシャフトを使用することでつかまりをよくし、

スライスを抑えていく方法があるでしょう。

クラブ選びの3大ポイント

①重心角の大きいクラブ

②フックフェイス(グースネック)

③シャフトが先調子のもの

ページ最上部へ
カートへ
ページ最上部へ