ゴルフクラブ選びサポートサイト
日本最大級ゴルフクラブ3,000点以上の品揃え

合計15,000円以上送料無料 / 最長15時まで即日出荷。最短翌日到着

※一部商品・一部地域を除く。即日出荷は営業日のみ対応

本店からの注文が
最速最安

  • お問い合わせ

    お問い合わせ お問い合わせ

  • ゴルフクラブ選びサポートサイト
メニュー

残りの100yがのらないなら!

最近の飛距離重視アイアンは、非常に優れていて、

これまで7番アイアンで打っていた距離を8番アイアンや

中には9番アイアンで届いてしまうアイアンまであります。

ロフトがストロング化(立っている)され、

以前は36度前後だった7番アイアンは今や30度前後というものも珍しくありません。

9番アイアンを見てみると、かつて44度だったロフトが40度前後になっています。


PWで100yというのがひとつの目安だった時代、

そのPWのロフトは9番アイアンから4度のピッチで設計されて48度が一般的でした。

今ではPW=45度前後が当たり前になっています。

SWの角度は56度前後からあまりストロングロフトにならず、むしろ58度を選ばれる方も増えて、

ますますアイアンとの飛距離の差が大きくなっています。

4度のピッチで刻まれていたロフトはPWとSWの間で13度に広がってきました。

もはや、4度のピッチでは番手を設定することが難しくなってきています。

アイアンセットのAWは49度前後と、以前のPWのロフトに近づいています。

フッと気がつくとよく残っている距離が、意外と100yではありませんか?

100yを簡単に打てるかどうかを目安に「PWの次」を選ぶと、

「手加減して緩んでしまい手前のバンカーへ」や「マン振りしたけど届かず左へ」

などのミスを未然に防ぐことができます。

フルショット100yには、PWと同じタイプのAWが良い方が実は非常に多いのです。


アイアンセットのAWをちょっと見直してみませんか?

「49度のAWと58度のSWの間」も考えると、そこにこそ単品のウェッジが必要だと思います。


ページ最上部へ
カートへ
ページ最上部へ