ゴルフクラブ選びサポートサイト
日本最大級ゴルフクラブ3,000点以上の品揃え

合計10,800円以上で送料無料・代引き手数料無料※一部地域は除く
お問い合わせ ゴルフクラブ選びサポートサイト 合計10,800円以上で送料無料<カート

ドライバーのあれこれ
[driver]

ドライバーについて

ゴルフコースをラウンド(プレー)する時に、ティーショット(第1打目)を打つのに使うクラブです。

第1打目に使用することから、一番ウッド(1W)と呼ばれています。

ドライバーは飛距離を最も重視されるクラブです。

そのため、他のクラブと比べるとヘッドが一番大きく、シャフトが一番長く、重量が一番軽くなっています。

近年のドライバーのヘッドは、体積で380ccから460cc程度となっています。

大きさの上限は競技ルールで460ccまでと定められています。

シャフトに長さは短いもので43インチから48インチまでです。

長ければ長いほどスピードを上げることができることから、飛距離を求められるゴルファーの希望に応えて近年は46インチよりも長いドライバーも多く発売されています。

ただし、長くなれば長くなるほど、正確にボールを取れえることが難しくなりますので、飛距離と正確さでバランスを取ることが大切です。

近年のドライバーヘッドの素材は、主にチタン合金が多く使われています。

他の素材と比べると、比重が軽く、硬度(強度)があり、素材が反発する力を備えているので、ほとんどのメーカーが採用しています。

また良い打球音が出来ます。

ドライバーの選び方

ドライバーにまず求められるものは飛距離です。

先ほども書きましたが、ヘッドの大型化とシャフトの長尺化が流行しています。

初心者ゴルファーは基本的に大きなヘッドを選ぶと、よりゴルフを楽しんでラウンドできます。

大きいヘッドは、フェイス面(ボールを打つ面)が大きくボールに当たりやすく、更にスイートエリア(芯)が広くなっているので当たり損なっても、クラブが助けてくれます。

 どんなクラブを選ぶも、大切のは自分の体格とヘッドスピード(クラブを振るスピード)を合わせることです。

シャフトには硬さを示す、フレックスと呼ばれる記号が表記されています。

良く目にするのは「L」「A]「R」「SR」「S」「X」などです。 軟らかい「L」⇔「X」硬いとなっています。

ご自分のヘッドスピードが分かる方は、 30m/s前後の方は「L」フレックスを、40m/s前後の方は「R」フレックスを45m/s前後の方は「S」フレックスを目安に選ぶことが一般的です。

気持ち良くスイングし、正確にボールを捕らえやすい硬さを選ぶことが大切です。

アトミックゴルフのドライバーについて

すべてメーカー正規の取扱い品となります。

世界の有名ブランドから、お買得な商品まで、豊富なラインナップをご用意しております。

また「初中級者向け」「中上級者向け」とクラブのユーザーを表記しております。

その他に「レディース」「レフティ」「USモデル」と、様々な方に満足いただける、多彩な商品を取り扱っております。

詳細な商品スペック説明、自社で撮影した説明写真、インターネットのショッピングされるお客様に安心感を提供します。


ページ最上部へ
カートへ
フリーダイヤルコール
ページ最上部へ
お得なセール情報へ