ゴルフクラブ選びサポートサイト
日本最大級ゴルフクラブ3,000点以上の品揃え

合計10,800円以上で送料無料・代引き手数料無料※一部地域は除く
お問い合わせ ゴルフクラブ選びサポートサイト 合計10,800円以上で送料無料<カート

  1. ホーム
  2. 用語辞典
  3. クラブの手入れについて

お手入れの方法
[golfcare]

練習やラウンドで汚れたゴルフクラブを手入れしたい!

でもどうすればいいか良くわからないということも多いのでは?

決して安くはないゴルフクラブですから手入れもきちっとして大事に使いたいですね。

ここでは簡単なゴルフクラブのお手入れをご紹介します。

①ドライバーのお手入れ方法

近年、ドライバーはそのほとんどがチタンという金属でできています。

また飛距離を伸ばすための設計として非常に薄い厚みでできています。

そのため硬い物質でクラブを噴くとすぐに傷がついてしまいます。

やわらかいタオル等で磨くのがおすすめです。

市販の『激落ちくん』のような水でさっと拭くだけで汚れがとれるものできれいになります。

磨くものとしてはゴルフ用品店でクラブ磨き専用の溶剤が販売されていますのでそれを

活用することも良いと思います。

②アイアンとウェッジのお手入れ方法

アイアンとウェッジは特に汚れが多くなる道具です。

特にスコアラインやキャビティには土や芝が詰まったり打球痕が残りやすくなっています。

ここでも市販の『激落ちくん』のような水でさっと拭けるものが便利です。溝やフェースの裏は

歯ブラシのようなブラシで磨くと簡単に落ちます。

注意点はアイアンやウェッジは素材によってはサビるものがあります。水で拭くのは大丈夫ですが

濡れたままで放置すると一晩でサビることもありますので、しっかり拭き取ることを気をつけましょう。

③パターのお手入れ方法

パターは種類によって素材が最も違ってくる道具です。主にステンレスを使用していることが多いですが

なかにはサビが出やすい素材を使っているパターもあります。

共通して言えることは乾いたタオルで汚れや水滴をきれいに拭き取っておくことが大事です。

その後、専用の防錆剤などで塗って仕上げにもう一度乾いたタオルで拭き取ればきれいに仕上がります。

プレー中にパターカバーを装着せず、当たり傷などついたときも、そこからサビが出てしまったりします。

日ごろからきれいに拭くということを意識することがパターのお手入れの重要ポイントです。

④グリップのお手入れ方法

グリップはゴムでできていることが多いです。

そのためいくらお手入れをしてもいずれは硬化したり磨り減ってしまったりしてしまいます。

しかし、お手入れをするかしないかでその持ちは大きく変わります。

グリップは一般的な中性洗剤で洗うことができます。

やわらかいブラシ等を使って洗うことも可能です。

ただし洗った後は洗剤をしっかり洗い落とすことがポイントです。残ってしまうと逆に劣化を早めます。

ぬるま湯でじっくり洗い流すといいです。

グリップはプレー時に唯一人肌と触れる部分です。

汚れなどきれいに拭き取ってグリップ力が長持ちするよう心がけましょう。

⑤まとめ

ゴルフクラブは金属やゴムなど様々なものでできています。

湿気の多い倉庫や、車のトランクなど寒暖差の激しい場所で保管することはサビや接着不良の原因となりますので厳禁です。

室内の温度や湿気が安定するところでの保管がおすすめです。

色々ありますが、1番はラウンド後にはきれいにクラブを拭いてあげることがポイントです。

楽しくラウンドした後はゴルフクラブを労ってあげましょう。


ページ最上部へ
カートへ
フリーダイヤルコール
ページ最上部へ
お得なセール情報へ