ゴルフクラブ選びサポートサイト
日本最大級ゴルフクラブ3,000点以上の品揃え

合計10,800円以上で送料無料・代引き手数料無料※一部地域は除く
お問い合わせ ゴルフクラブ選びサポートサイト 合計10,800円以上で送料無料<カート

  1. ホーム
  2. 用語辞典
  3. ゴルフの歴史について

ゴルフの歴史
[golfhistory]

・ゴルフの起源

どんなことにも起源がありゴルフにももちろん始まりはあります。

しかしこれだけ世界の人々が楽しんでいるスポーツなのに、はっきりしたことが分かっていません。

オランダ、スコットランド、中国など世界各地に様々な説がありますが、誰がいつどこでどのようにして始めたのか確かな記録が無いのです。

・羊飼い説

一番有名なのは「羊飼い説」です。

スコットランドの羊飼いが羊を追う棒で石ころを野うさぎやモグラの巣穴に転がり入れたのが始まりだという説で、最も有名な説です。

しかし冒頭でも申し上げた通り、これに関する資料が何も無く、実は想像で作られた話だということです。

・日本が始まり?

奈良時代(710~794)に貴族の間で流行っていた打毬(たぎゅう)と呼ばれる球戯をしている様子が描かれている絵が

広野ゴルフクラブにあるJGAのゴルフ博物館内に展示されています。

実際どのような遊びだったかは定かではありませんが現在のゴルフクラブに似ている棒で毬(まり)を転がしている様子が

はっきり分かります。

・近代ゴルフ

発祥には様々な説がありますが、現在のゴルフの形まで発展させ、そして完成させたのはスコットランドなのは間違いないので、

ゴルファーにとってはやはり神聖な地であるといえます。

・日本の近代ゴルフの始まり

日本における最初のゴルフ場は1901年に神戸の六甲山に作られた神戸ゴルフ倶楽部です。

イギリス人のアーサー・ヘスケス・グルームという貿易商が日本でも母国を思い出す為にゴルフをやろうという思いで作られ、4ホールだけのコースでした。

ここはグルームが外交上で使われていたので、本当に民衆に向けたゴルフ場は東京に作られた東京ゴルフ倶楽部が最初です。

・まとめ

棒で球を打つスポーツは世界中で様々な形で行われていますが、ゴルフは始まりに関して決定的な資料が無いのにここまで発展し、世界中で楽しまれています。

ただゴルフに関するどの諸説でも、始めは遊びから始まっています。

人間の遊び心が世界中の人々を魅了するスポーツに発展したことを考えると、ゴルフの魅力はまだまだいっぱいあるなと感じさせられます。


ページ最上部へ
カートへ
フリーダイヤルコール
ページ最上部へ
お得なセール情報へ