ゴルフクラブ選びサポートサイト
日本最大級ゴルフクラブ3,000点以上の品揃え

合計10,800円以上で送料無料・代引き手数料無料※一部地域は除く
お問い合わせ ゴルフクラブ選びサポートサイト 合計10,800円以上で送料無料<カート

  1. ホーム
  2. 用語辞典
  3. アイアンについて

チッパー
[chipper]

チッパーについて

チッパーは、パターとアイアン・ウェッジとの中間の形状をしたクラブです。

少しボールを上げ(キャリーさせ)てから転がす(ラン)ショットを打つ、チップショット専用のクラブです。

ピッチエンドラン・ランニングアプローチをやさしく打つことが出来る工夫がされています。

アイアン型やマレットタイプのパターに似たもの、両面にフェースを持つものなど様々な形状があります。

一般的にソールがウェッジよりも広く、ダフリやザックリのミスが出にくく、シンプルにアプローチショットを打つことが出来ます

XXIOやADAMS・オデッセイやプロギアといった大手メーカーから、マイナーメーカーまで様々なブランドで商品が展開されています。

価格は2万円から数千円で、1万円を切る価格で多くが販売されています。

チッパーのスペック特徴

ロフト角は概ね35度・45度・55度近辺の3種類が中心です。

アイアン・ウェッジに当てはめると35度=#8I 45度=PW 55度=SWに相当します。

キャリー:ラン割合はおよそ 35度は1:3 45度は1:2 55度は1:1

主に「転がし」ランニングアプローチを目的に選ぶ場合は、ロフト角が35度のチッパーがオススメです。

バンカー越えなど、ボールを上げキャリーで運んだ後に転がして寄せるピッチエンドランには、45度のチッパーがオススメです。

ボールを高く打ち上げ落としどころに止めるピッチショットには、55度のチッパーがオススメです。

ライ角は、パターと同じ70度前後の角度の物が多く、クラブの長さもパターと同じ34インチ前後の物がほとんどです。

中には、ウェッジの様に使うことを考えて、ライ角が60度前後のチッパーも見受けられます。

チッパーの打ち方

ロフト角が35度のチッパーは、基本的にはパターと同じ「真直ぐ引いて、真直ぐ出す」というで、アプローチが出来るように設計されています。

ライ角が70度前後のチッパーは、アドレスもボールが目線の直下に来るように構えることで、目標に対して正確に打ち出すことが出来ます。

ロフト角が45度・55度と大きくなるにつれ、注意するべき点が出てきます。

特に55度のチッパーは、無理に飛距離を出そうとすると、ボールの下をヘッドがくぐり振ったほど飛距離が出ません。

また、強くスイングをするとボールをクラブが追い越してしまい二度打ちが起こってしまいます。

コントロールできる範囲を知り、扱うためには「いきなり実戦!」ではなく、練習場やパターマットを使って慣れる時間が必要です。

ウェッジよりもチッパーの方がやさしく打てるため、方向性の練習よりも飛距離の限界点や、強弱の付け方を少し打っておくことが、良い結果につながります。

チッパーの類似名称

同じような形状で、メーカーによりジガーやロバーという名称を付けているところがあります。

チッパー=ロフト35度 ジガー=ロフト45度 ロバー=55度と使い分けられているようですが、ここ近年ではひっくるめて「チッパー」と一般的に呼ばれています。

チッパーのルール

チッパーというだけで、ルール違反したクラブと思われることがありますが、決してそんなことはありません。

高反発と適合のドライバーに似ています。

チッパーの中には、ルール非適合のクラブがあるという事です。

ルール上のクラブの分類では、チッパーはアイアンの部類に属します。

形状はパター似ていますが、ロフトが 10度を越えるものは ルール上はパターとして認められません。パターだけに許された平面を持つグリップなどはチッパーに取り付けるとルール違反になります。

その他のルール非適合になるチッパーの代表的な例では、フェース面(打面)が2つあり左右で打てるものがあります。

チッパーが苦手とすること

シンプルにアプローチを打てるように作らているチッパーは、テクニックを使うショットが苦手です。

また、バンカーを苦手とします。特にアゴの高いバンカーでは、ロフトが立っているため脱出に不向きです。

グリーンまでフラットなバンカーであれば使えなくもないですが、目玉になっているような状況も苦手としています。

基本的に深いラフ・アゴの高いバンカー・バックスピンを必要とするような、テクニックの要るトラブルからの脱出には不向きだといえます。

キーパーソン アタッカー

  • キーパーソン アタッカーキーパーソン アタッカー

アプローチが苦手でもチップインが狙える!!ピンに打てるヘッドデザイン

従来のチッパーといえば転がりが中心で、転がすことである程度の寄せができるということが本来のクラブの役割ですがこのアタッカーはウェッジで打ったようにスピン性能でアプローチができます。

転がさずにぴたっと止めることのできるアプローチショットが打てますので今までは寄せるだけだったチッパーがチップインを狙える道具へと変貌します。


ページ最上部へ
カートへ
フリーダイヤルコール
ページ最上部へ
お得なセール情報へ