ゴルフクラブ選びサポートサイト
日本最大級ゴルフクラブ3,000点以上の品揃え

合計10,800円以上で送料無料・代引き手数料無料※一部地域は除く
お問い合わせ ゴルフクラブ選びサポートサイト 合計10,800円以上で送料無料<カート
  1. ホーム
  2. 用語辞典
  3. ヘッド形状について

ユーティリティの選び方

ユーティリティーはアイアンの代わりにもウッドの代わりにもなるお助け道具。

狙う距離は200yd!でも、なかなかうまく打てない。それはタイプがあってないから?

ユーティリティーと一概にまとめても形状の種類が多くてどれがいいかいまいちわからない。

ポイントを絞って各タイプごとにご紹介します。

あきらめる距離ではない170yd~200ydを狙う最適の相棒探しにご活用ください。

ウッド形状タイプ

払い打ちゴルファーにおすすめ。最もやさしいタイプ。

フェアウェイウッドの流れでユーティリティーを打っていきたい

ゴルファーにおすすめ。

ミスヒットに強く、トップしたり、ダフったりしてもある程度の飛距離を

稼ぐことができます。

弾道が上がりやすく、スピン性能でグリーン上で止めるというよりは

弾道の高さで寄せていくタイプ。

縦長ウッド形状タイプ

ひっかけを防いで高弾道が打てるタイプ。

構えた時にフェースが長く見えるタイプ。

重心距離が長くなる特徴があるのでヘッドターンがゆっくりになって

つかまりすぎを抑えます。

ただグースネックになっているものも多いので、

つかまらない難しいクラブではありません。

構えた時の安心感を大事にするゴルファーにおすすめ。

アイアン形状タイプ

打ち込んでいくダウンブロースイングに最適。

アイアン感覚で打てる。

ヘッド形状はまさにアイアンそのものもあれば、

構えた感覚がアイアンのシルエットに

なるようなモデルがこのタイプ。

大きすぎるヘッドだと違和感があるというゴルファーに

はおすすめのタイプです。


ページ最上部へ
カートへ
フリーダイヤルコール
ページ最上部へ
お得なセール情報へ