ゴルフクラブの「フレックス」ってなんですか?

ゴルフクラブの「フレックス」って何の事だかわかりますか?
もし、分からなかったら是非この先を読んでください。
なんとなくやっていても、ゴルフはうまくなりません。
ちゃんと用語の適正を理解したうえで、活用していきましょう!


FacebookTwitterHatenaLine

こんにちは!アトミックゴルフのデザイナー、かしわばらです。

今回は、ゴルフクラブの「フレックス」について、お話します。

フレックス・・・あまり聞きなれない言葉ですよね。
ゴルフクラブを買うとき、シャフトに「フレックス:R」とか、「フレックス:S」とか書いてあると思います。
何を表しているのかというと、これは「シャフトの硬さ」です!

シャフトにはいろんな硬さがあるんですね~

一般的な表記では  L→A→R→SR→S→X の順で硬くなり、モデルによって設定されています。
これがやっかいなことに、例えば同じ「R」でも明確に共通の基準が決まっているわけではないので、メーカーやモデルによって同じフレックス表記でも実際の硬さが違うんです。
統一してよ!って思いますが、それぞれの技術の結晶なので、譲れないモノがあるんだと思います!

フレックスは、ヘッドスピードに応じた硬さが設定されています。
これを目安に、シャフトの硬さを選ぶとうまく打ちやすくなるんです。
なので、自分に合った硬さのシャフトを選ぶなら、ヘッドスピードを測っておくことをオススメします!

シャフトのフレックスが重要な理由

例えば、スポーツ経験などがある人や、体力に自信があるなどヘッドスピードが速い人が柔らかいシャフトを使用すると、シャフトがしなり過ぎてしまいます。
それにより、タイミングがあわず、ボールにうまく力が伝わらないことで飛距離のロス、方向性が定まらないということが起こります。
逆にヘッドスピードが遅い人が硬いシャフトを使用すると、シャフトがしならないことで、飛距離が思ったよりでないことがあります。

なので、ご自身のヘッドスピードを知っている人なら、メーカーが公表している数値、ヘッドスピードを参考に選んでいただければOKなんです。
ただ、初心者は、自分自身のヘッドスピードがどれくらいなのか、分からない人も多いと思います。

その場合、フレックス選びとしては、ほとんどの人が当てはまる、一般的な硬さであるR(レギュラー)を選んで頂ければOKです。
パワーのある人は、S(硬め)を選べばいいと思います。
さらによく振れる人、若い人などハイパワーの持ち主は、より重量感があり、振り心地のあるスチールシャフト仕様のものもオススメなので、まずは試してみてください。

フレックスの種類と解説を載せておきますので、ご参考になさってください。

フレックス(硬さ)
解説
Xフレックス

extra(エキストラ)の略です。

一般的な設定でいうと最も硬いシャフトになります。
モデルによっては設定がなく、特注品オーダーになるモデル その他さらに硬いシャフトフレックスの表記として XX(ダブルエックス)、XXX(トリプルエックス)といったフレックスもあります。

ヘッドスピードは46~50m/s以上が目安です。

Sフレックス

stiff(スティッフ)の略です。
一般的にヘッドスピードが速い、体力にある程度自信がある方向けのシャフトになります。

SXはSより硬くXより柔らかい中間のフレックス表記です。

ヘッドスピードは42~50m/s以下が目安です。

SRフレックス

stiff(スティッフ)regular(レギュラー)の略です。
SシャフトとRシャフトの中間の硬さとなります。

ヘッドスピードは40~43m/sが目安です。

Sでは硬すぎるRでは柔らかいとゆう方にオススメです。

ユニフレックス

ユニフレックスは一般的には「SR」相当の硬さで表記されます。

USモデルのスチールシャフトのアイアンセットに多くみられます。

幅広い方にあてはまるよう設定されたフレックスです。

Rフレックス

regular(レギュラー)レギュラーの略です。
平均的なヘッドスピードの人向きのフレックスです。

ヘッドスピードは38~40m/sが目安です。

R2などのRよりも柔らかいフレックスもあります。

Aフレックス

アベレージの略です。
基本的にレディースモデルに装着してあるフレックスで少し力のある女性向けシャフトとフレックスです。

R2と重なるヘッドスピードになっている場合が多いです。

ヘッドスピードは32~36m/sが目安です。

Lフレックス

レディースの略です。
Aよりも柔らかく一般的な女性向けのフレックスです。

レディースモデルのクラブはほとんどがLフレックス表記のシャフトが装着されています。

ヘッドスピードは28~34m/sが目安です。

フレックスに興味をもって、最後まで読んでいただきありがとうございました!
下記の通り、シャフトの選び方をまとめたページがありますので、どうぞご利用ください。

ドライバーシャフトの選び方 ≫

アイアンシャフトの選び方 ≫

RELATED story 関連記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PR ゴルフスコアアップ

PR ピックアップアイテム