高反発ドライバーを決めるにあたって確認しておきたいこと

いつまでも追い続けていきたいドライバーの飛距離。

ここ数年でルール適合外ドライバーが再ブームとなり
当店でも色んな価格帯の高反発ドライバーがございます。
それぞれどうなのか?をここではご紹介します!


FacebookTwitterHatenaLine

高反発は本当に飛ぶの?

高反発は本当に飛ぶの?

お客様からのお問い合わせでもこの質問は多くいただいています。
しかし高反発とはいえ、必ず誰しもが飛ぶということは正直言い難いです。
結果の出方は個人差がありますのでほとんど変わらないという方も中にはいらっしゃるのが現状です。

どういった人がおすすめ?

どういった人がおすすめ?

どちらかといいますと、ヘッドスピードがゆっくりな方に向いていると言えます。
フェースが通常のドライバーより薄く作っているので、ヘッドスピードが速い方が使うと割れる可能性があります。
各メーカーが公表しているのは、ヘッドスピードは40m/s以下の方へ推奨となっていますのでそれ以上の方は
ヘッドが割れる危険性もあることを想定した上でご購入を検討してください。

価格差があるけど、飛びが変わってくる?

価格差があるけど、飛びが変わってくる?

お買い求めしやすい価格だと1万円以下の高反発ドライバーもあれば、5万円前後と価格幅が大きいです。
試打をした感想はやはり高価格帯のドライバーの方が反発力は強い印象です。

しかし、低価格の高反発ドライバーでも飛距離がとても伸びた!といった声も多くいただいています。
そういった方はどんな方なのか?を考えてみました。

これは憶測ですが、当店で販売している低価格のドライバーは短尺の傾向にあります。
スライサーの多くは、フェースが開いたままボールに当たっているのが原因です。
使ってたドライバーよりも短いクラブにしたことで、フェースが返しやすくなり
スライスが減って飛距離UPに繋がったといった声をいただいていると思われます。

ご使用中のクラブがどのようなスペックで、何が原因で飛んでいないと感じるのか?を、事前に知っていることが重要です。

高反発ドライバーを購入検討している方はこの記事を参考に、クラブ探しをお楽しみください!

RELATED story 関連記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PR ゴルフスコアアップ

PR ピックアップアイテム