何が違う?ブリヂストンのTourB X

今月発売されたばかりのTourB X。今回から3回に分けて紹介します。
このクラブにはある意外なものからヒントを得て開発された新しい素材の組み合わせが使われています。
「打つ」のではなく「撃つ」と言えるほどの初速の加速を体験してみてください。


FacebookTwitterHatenaLine

TourB X

TourB X

今回から3回に分けてTourB Xについて紹介します。

まずは基本情報から。

2018年9月14日に発売されたブリヂストンのドライバー
「この飛び、筋金入り。」
というキャッチコピーが付いています。

従来のクラブとは異なり、カーボン×金属弦の異素材ハイブリット構造が特徴的です。
『初速が加速する感覚、勢いよく放たれたボールの飛び姿。
 驚きの飛び。
 もはや 「撃つ」 という新体験。』
と言う点から、ブリヂストンさんの自信が伝わってきますね。

▶ メーカーページはこちら

素材って重要なの?

素材って重要なの?

素材の組み合わせを変えることで
・たわみの復元スピードが速まり、初速が上がる。
・トウヒール方向の剛性が高まることで、ヘッドのねじれが抑えられるため直進性が向上。
・飛球線方向に真っ直ぐエネルギーを解放し、狙った方向に高初速で打ち出される。
など主に速度と直進性に変化が現れます。

ヘッド素材は
パーシモン(柿の木)→ステンレス・チタン→チタン+カーボン
と変わってきました。

TOUR B X ではこれまでの飛びのメカニズムを変える新発想により、未知の飛距離に挑戦しました。
挑戦しているからこそカーボンと異素材を組み合わせることができ、飛びの推進力のプラスに成功したんですね。

▶ 何がどう変わったのか気になる方はこちら

◯◯からヒント

◯◯からヒント

TOUR B Xの大きな特徴である異素材ハイブリット構造は実は
「タイヤの構造」
からヒントを得たんです。

ゴムの中に張られたベルト(スチールコード)の役割は主に2つあります。
1,加重、衝撃に耐える
2,剛性をコントロール

実は、この特徴はゴルフクラブにも活かせるんです。
このように軟らかいゴムと硬いスチールコードの異素材を組み合わせたタイヤ構造を飛びに活かせないか!?と考えたようです。
タイヤの技術をクラブに活かそうというのはタイヤメーカーでなければなかなか辿り着けない発想ですよね。

今回はTourB Xの性能について紹介しました。
次回からは実際の商品を紹介しますのでお楽しみに!

次回まで待てない!という方は以下のリンクから商品をご覧下さい^^
▶ アトミックゴルフ Tour B Xのクラブはこちら
▶ アトミックゴルフ Tour B過去モデルのクラブはこちら

RELATED story 関連記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PR ゴルフスコアアップ

PR ピックアップアイテム