USモデル(並行輸入クラブ)比較

USモデルって?日本モデルとの違いとは?日本仕様よりお得に購入できるUSクラブについてまとめました!
シャフトの硬さや重量など気になるポイントもご説明。クラブ選びにおすすめなヘッドスピード計測機もご紹介いたします


FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

USモデルって?

USモデルって?

アメリカやアジアなど海外で販売されているモデルの商品を日本に輸入したゴルフクラブとなります。

・アメリカで販売されている ⇒ USモデル
・アジア圏内で販売されている ⇒ アジアモデル

日本で発売されるものより、元々の販売価格が安く設定されているため、輸入して日本モデルより安く販売できることが多くなっています。

▶ アトミックゴルフで取り扱い中のUSモデル クラブはこちらから

なぜこんなに安いの?? 偽物や中古じゃないの??
と心配されるお客様も多いのですが、アトミックゴルフではアメリカに直接仕入れ先がございますので、お得に販売することが出来ています!


USモデルのデメリットとしては、船で送られてくるため時間がかかるなど、次回入荷の予定などについてはハッキリとは申し上げられない場合が多くなっております。
そのため購入を検討している場合はスペックが選べる間にお買い求めされることをオススメします。

USモデルの商品一覧を見る ▶

USモデルと日本モデルの違いについて

USモデルと日本モデルの違いって何があるの??

ヘッドやシャフトなど各項目に分けて説明致します。

・ヘッド

・ヘッド

少し意外かもしれませんが、日本モデルもUSモデルもはヘッドの性能は同じになります。
ごくまれにカラーリングが少し違ったりするものもあるようですが、基本的に同じになります。

重量に関してはアメリカのゴルファーは重めのヘッドを使う方が多いため、日本仕様より重く設定されている場合があります。

▶ アトミックゴルフで取り扱い中のUSモデル クラブはこちらから

・シャフト

・シャフト

基本的には日本モデルより、USモデルのシャフトほうが重く、硬く設計されています。
シャフトの重量などのスペックは商品の説明に表記されていますので、現在お使いのクラブなどを比較してみられると良いと思います。

一般的には上記のようになっていますが、重くて硬いシャフトばかりではありません。
USモデルでも軽くて柔らかいシャフトもあります。

▶ アトミックゴルフで取り扱い中のUSモデル クラブはこちらから

アイアンなどはスチールを選ぶとUSモデルのほうが軽くなる傾向があります。

というのも日本ですと、ダイナミックゴールドが刺さっていることが多いのですが、
US仕様だとKBSというシャフトが刺さっていることが多いのです。

このKBSシャフトはダイナミックゴールドより軽いので日本仕様より、USモデルのほうがシャフト重量が軽くなります。

またUSモデルは日本仕様より安く買える場合が多いので、リシャフトするという選択肢も視野に入れてみても良いと思います。

・総重量

総重量については、上記のようにヘッドやシャフトがUSモデルのほうが重いものが多いため、
日本モデルより重くなる傾向にあります。

▶ アトミックゴルフで取り扱い中のUSモデル クラブはこちらから

・保証

USモデルには保証書がついておりません。
3ヵ月後にクラブに故障があった!という場合には対応することが残念ながら出来ません。

(アトミックゴルフでは初期不良には対応しておりますので、ご安心ください^^)

▶ アトミックゴルフで取り扱い中のUSモデル クラブはこちらから

・限定モデル

・限定モデル

メーカーによっては、日本やアメリカの限定モデルを製造している場合もあります。

テーラーメイドのM4 DタイプはUSモデル限定で、通常のM4ドライバーよりも、ボールの捕まりがいいように、ヘッドがドロー設計(ウェイトがヒールよりにある)となっており、重心距離も短くなることで、ヘッドの返りがしやすいモデルとなっています。

このようにその国でしか販売していない限定モデルなどもありますので、性能的に限定モデルのほうがオススメ!という場合もあります。

▶ アトミックゴルフで取り扱い中のUSモデル クラブはこちらから

USモデルがオススメなゴルファー

USモデルがオススメなゴルファー

USモデルがオススメなゴルファーは

・ヘッドスピードが速い
・パワーに自信のある

などと聞かれたことがある方は多いのではないでしょうか?

上の画像を見ると筋肉隆々でいかにも飛ばしそうですね。そんなパワーがあるゴルファーじゃないとUSモデルは使いこなせないの?
USモデルだと硬くて飛ばせない??

結論から言うと実はそんなことはないのです。

シャフトの硬さなどは感覚的なものになるので全てに当てはまるとは言えませんが、
USモデルでも柔らかい・軽いシャフトがありますし、
シャフトのしなりを生かして打つなどスイングタイプによっても合う合わないが変わってきます。

なので、USモデルだからと決めつけずに自分にあったシャフトやヘッドを選ぶことが必要なんですね。

参考としてまずはヘッドスピードを測られてみると良いと思います。
こちらも目安にはなりますが、下記のヘッドスピードを目安に購入されると良いと思います。

ヘッドスピード 42m/s ⇒ S
ヘッドスピード 40m/s ⇒ R

ヘッドスピードはゴルフショップに併設されている試打打席や打ちっ放し練習場などで測ることがもできます。

ただお店などだとヘッドスピードが水増しされているという噂もあります。。。

そこでアトミックゴルフ おすすめのヘッドスピード計測器をご紹介します!

おすすめヘッドスピード計測器

おすすめヘッドスピード計測器

①コスパ最強!プロギア ニュー レッド アイズ ポケット HS-110 マルチスピード測定器

あえて多くの機能はつけておらず、シンプルに「ヘッドスピード、ボールの初速、飛距離、ミート率」が測れるモデルとなっています。

お値段も1万円を切る価格となっており、まずは測定器を使ってみたい方にはいいと思います。

『プロギア ニュー レッド アイズ ポケット』の詳細はこちらから ▶

②ゴルフ上達支援システム!Mトレーサー

Mトレーサーはグリップに取り付けるだけで、ヘッドスピードが測れる優れもの。
サイズも小さいのでスイングの邪魔にもなりません。

またスマートフォンと連動して、弾道の分析などもおこなえるのでスイングの改善もすることが出来ます。
スコアアップにはまずは自分の状況を知ることが大事なのでこちらの商品はオススメですね。


『エプソン Mトレーサー For Golf MT500G2』の詳細はこちらから ▶
 
③当店でも使用中!高性能弾道計測器「スカイトラック」

もっと高性能なものが欲しい方にはスカイトラックがおすすめです!

アトミックゴルフでも試打などに使用しています。
ヘッドスピードはもちろん、スピン量、打ち出し角度などなど・・・詳細なデータを分析することが出来るモデルとなっています。

価格は30万前後と決して安くはありませんが、トラックマンなど本格的な測定器だと数百万円しますので、個人で買うには現実的な金額だと思われます。

自宅に打ちっぱなしの練習用スペースなどがある方はシミュレーションゴルフ機としてもご使用していただけますよ。

『GPRO スカイトラック ポータブル ゴルフ用弾道測定器』の詳細はこちらから ▶

USモデルクラブのご購入

アトミックゴルフではUSモデルのクラブを豊富に取り扱いしております。
アドバイザーへの専用ダイヤルもございますので、硬さやシャフト選びなどに迷ったらご相談ください。

▶ アトミックゴルフで取り扱い中のUSモデル クラブはこちらから

FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

RELATED story 関連記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PR ゴルフスコアアップ

PR ピックアップアイテム