飛ぶゴルフボールが飛ばない理由

このゴルフボールは飛ぶ!と聞いていたのにちっとも飛びやしない。
そんな経験ありませんか?
飛ばせない理由は・・・続きをお読みください。


FacebookTwitterHatenaLine

こんにちは!アトミックゴルフのデザイナー、かしわばらです。

ゴルフクラブも大事ですが、ゴルフボール選びもめちゃくちゃ大事ですよね!
「このボールは飛ぶ!」というものを使ったり、ボールのデザインが自分好みだとテンションも上がりますしね^^

でも、飛ぶ!とかデザインだけで選んでたらいつまでたっても上達しません!
ボールも、プレイスタイルなど自分に合ったものを使うことで、スコアアップにつながりますので、クラブと同様にしっかり検証した方がいいんですよね。

実際、「飛ぶ!」といわれるボールを打ってみても「なんだこりゃ飛ばないじゃん!」って経験ありませんか?
ボールは、単純なようで奥が深いんです。
しっかり自分に合ったボールを見つけることで、思ったより簡単にスコアアップするかもしれません!

まずは!
ゴルフボールのタイプを知ることで、自分に合ったボールを見つけやすくなります。

ボールのタイプは大きく2つに分けられます。
ディスタンス系ボールとスピン系ボールです!

「それ知ってる」って思った方も、もう一度確認して見てください^^

ディスタンス系ボールは、低スピン飛距離重視で初心者向け。

カバーが硬くコア(中心部分)が柔らかい構造なっています。
打った瞬間に潰れやすく、スピンがかかりにくいので、ぶっ飛ばしたい人や方向性が安定しない人に向いています。

スピン系ボールは、ボールをコントロールできる上級者向け。

コアが硬くカバーがやわらかいので、クラブの溝に食い込んで、スピンがかかりやすくなっているボールです。
バックスピンをかけるなどボールをコントロールすることに向いているので上級者やプロがよく使用しています。

と、いうことは、
自分のプレイスタイルによって、どっちのタイプが向いているのか大体わかりますよね!
また、スピン量が多いスライス系の方は、ディスタンス系。
スピンが足りないフック系の方は、スピン系を選ぶというのも手です。

ただ、もう1つ考慮すべき事があります。

それはヘッドスピードです!

それはヘッドスピードです!

ボールは、打った瞬間に潰れた反発力を利用して飛んで行きます。
なので、

パワーのある方は、硬いボールがオススメです。
柔らかいボールを打つと、ボールが潰れ過ぎてしまい反発力が逆に吸収されてしまい、飛びません。

パワーのない方は、柔らかめのボールがオススメです。
硬すぎるボールだとパワーがない分、ボールが潰れないので反発力を得ることができず、飛びません。

ボールを本気で選びたいのでしたら、自分のヘッドスピードを知り、ボールの適切な硬さを知ることが重要です。
ぜひ、お店のアドバイザーに相談しながら選んで見てください^^

とはいえ、

ボールを変えた瞬間からバッチリうまくいく!

ボールを変えた瞬間からバッチリうまくいく!

なんてことは、ほとんどの場合ありません。
選んだボールを使い込んで、ボールと対話しながらうまく付き合っていく感じで練習を重ねて見てください。
「なんだお前、こう打ったらこうなるのか、じゃーこう打ったらうまく飛んでくれるのかい?」なんてね!
選んだ道具で練習して練習して練習しまくるのが上達への道です!

それでは!どうぞゴルフを楽しんでください^^

ディスタンス系ゴルフボールを探す ≫

スピン系ゴルフボールを探す ≫

RELATED story 関連記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PR ゴルフスコアアップ

PR ピックアップアイテム