2017年プロV1とV1Xボールをコースで打ち比べ!

アトミックゴルフアドバイザーがプロ使用率No1のタイトリストプロV1ボールとV1Xボールを打ち比べしました!その性能差がはっきり見えてきました!


FacebookTwitterGoogle+HatenaLine

ツアー使用率No1のプロV1とV1Xの違い

ツアー使用率No1のプロV1とV1Xの違い

こんにちは!アトミックゴルフの池田です。
いやー最近暖かくなってきましたねー
朝は肌寒くて日中は少し汗ばむ。ゴルフにはちょうどいい季節がやってきました!

そこで春のぽかぽか陽気に誘われてゴルフに行ってまいりました。
今回試してみたのは新しくなったタイトリストのゴルフボール。

ツアー使用率No1のプロV1とV1Xです!

実際V1とV1Xってどっちがいいの?と思う方は多くいらっしゃると思います!

V1はソフトなスピン系ボール。V1Xはスピンもかかるディスタンス系ボールという認識はありますが実際どっちが自分に合うのか・・・!?

さっそく1スリーブづつ持っていざラウンドへ!

さっそく1スリーブづつ持っていざラウンドへ!

タイトリストの担当者の方は「歴代の流れからV1派の人とV1X派の人と分かれていましたが、どちらが自分に合うか今一度打ち比べて欲しい」ということなので両ボールを打ち比べ!

ドライバーはこれまた話題のキャロウェイEPIC(エピック)サブゼロドライバーです!

ドライバーはこれまた話題のキャロウェイEPIC(エピック)サブゼロドライバーです!

これがまた初速も上がって飛距離が伸びます!手に伝わってくる打感が「飛んだ!」と思わせる感じでした。

サブゼロはバックスピン量が少なくなりますので球が上がりすぎる方やバックスピン量が多い方は飛距離アップする可能性を大いに秘めています!

それでは行きまーす!

試打してみました!

試打してみました!

・・・おぉ!
歴代のV1と比べてもそのフィーリングはとても良くてさすがのV1といったような感じでした。
打音も今までのものと変わらず心地の良いバシッと乾いた音がしました。

飛距離をGPS測定器で測定してみるとV1が262ヤードとV1Xが268ヤードで飛距離性能はV1Xでした!

個人的には今までのV1Xは結構打感が硬くて、正直自分のヘッドスピードではつかいこなせていなかったのですが、今回はV1Xが柔らかくなっているので全然つかいこなせるなと感じました。

僕は今までソフトなフィーリングが好みでV1派でしたが、これは飛距離性能からみてもV1Xももう一度、検討したくなりました。
そしてアプローチのスピン量はV1XよりはV1の方が止まるように感じました!

パターでも試打してみました!

パターでも試打してみました!

パターのフィーリングは完全に好みが分かれますが、ソフトな打感のV1がタッチを合わせやすかったです

性能をまとめてみると高いスピン性能とソフトな打感なのがV1。しっかりした打感で高い飛距離性能なのがV1Xでした。

メーカーさんはV1はより飛距離性能を高めて、V1Xはよりスピン性能を高めているとのことでそれじゃどっちがどっちかわからないじゃないか!っと思いましたが、打ち比べてみるとその性能は明確な違いがでました!

好みにもよりますが今までのV1に対する固定観念を一度捨てて、もう一度打ち比べてみると自分に合ったボールが見つかるかもしれません!

是非試してみてください!

RELATED story 関連記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PR ゴルフスコアアップ

PR ピックアップアイテム