距離測定器でスコアを伸ばしませんか?

距離測定器に興味がありませんか?
2019年のルール改正で競技での使用が認められるため購入を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
レーザー式とGPS式の違いや、レーザー式で人気の5種類を紹介しておりますのでこれを読んで購入の参考にして頂ければ嬉しいです。


FacebookTwitterHatenaLine

距離測定器を味方につけよう

距離測定器を味方につけよう

ゴルフ場は緩やかな丘が多く、構造物がありません。
そのため目測や距離感を誤りやすくなり、正確な距離を掴めず、スコアを無駄にしやすいです。

そんな時に役に立つのが距離測定器です。
2019年1月のルール改正で距離計の使用が正式に認められるようになります。

ただし、
「2点間の距離を計測するだけのシンプルなもの」
でないといけません。

高低差を計測する機能などが付いていると今後も正式な競技ではNGなのでその点は注意が必要ですね。

距離測定器の種類

距離測定器の種類

距離測定器には以下の2種類があります。

1.レーザー式
 本体から照射され、跳ね返ってきたレーザーを捉えて距離を測るもの
  ・正確に距離を測りたい方
  ・傾斜、風速なども計測して、戦略的にコースを回りたい方

2.GPS式
 衛星からの電波を受信することで、現在地からグリーンなどコース上の地点との距離を算出します。
  ・お手軽に距離計を使いたい方
  ・お手頃な価格で使いたい方

GPS式では誤差が、レーザー式では雨や霧に弱い点がデメリットとして挙げられます。
予算や使用状況に応じて購入してみてください。

レーザー式 人気の5種類

レーザー式 人気の5種類

レーザー式で人気の5種類の特徴を紹介!
サイズや機能など様々ですのでご自身に合うものがきっとあるはずです。

①ガーミン アプローチZ80
GPSナビとレーザー距離計が一体化した優れもの。
ファインダー内に位置情報や距離情報が記されたフルカラーのコースマップを表示。
距離はもちろんハザードなどコースレイアウトが同時に分かる点も魅力の一つです。

▶ ガーミン アプローチZ80の購入はこちらから

②ドリップ キャディトークミニ
軽量・コンパクトなボディに多彩な機能が詰まっています。
カードサイズほどの小型化を実現し、ポケットにラクラクで入ります。
高精度な距離計測に加え、高低差を踏まえた推薦距離を表示するマジックロープ機能や、計測完了を知らせるジョルト(バイブ)機能も搭載

▶ ドリップ キャディトークミニの購入はこちらから

③ニコン クールショット プロ スタビライズド
約0.3秒という早さでスピーディかつ正確な計測を実現
スタビライズド(手ぶれ補正)機能を搭載

▶ ニコン クールショット プロ スタビライズドの購入はこちらから

④ブッシュネル ピンシーカープロ X2ジョルト
多彩なモード設定をワンタッチで切り替えられる
スロープ計測機能、天候やコース背景に合わせて表示色が切り替えられるデュアルディスプレイ機能を搭載

▶ ブッシュネル ピンシーカープロ X2ジョルトの購入はこちらから

⑤ユピテル AGF-レーザー1
多彩な機能を簡単操作!
遠くのターゲットでも正確にとらえるピンサーチ機能を搭載
高低差計測にも対応し、目標までの直線・水平・垂直距離、角度を知ることができます。

▶ ユピテル AGF-レーザー1の購入はこちらから

※商品は在庫状況により、売り切れの場合もございます。ご了承ください。

使用の際の注意点

使用の際の注意点

・防水機能
ある程度の防水加工がされているものがほどんとですが、ただ「生活防水」と表示されているだけでは浸水には対応できません。
「IPX〇」などの防水基準の表示されているものが安心です。

・感覚の麻痺
機械に頼りすぎると感覚が鈍り、これまでは目測でわかっていた距離でも見誤るかもしれません。
それを避けるには頼り切りになるのではなく、感覚や距離感を養うためのアイテムと考えて使うと良いですよ。
そうすることで始めのうちは機械頼りでも、利用しているうちに距離感覚が鋭くなり、距離計なしでもラウンドを回れるようになるトレーニング効果が期待できます。

▶ アトミックゴルフで取り扱い中の距離測定器はこちらから

RELATED story 関連記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PR ゴルフスコアアップ

PR ピックアップアイテム